六竜討伐戦HL

各属性のフルオート編成はこちら

2020年7月に新設されたV2マルチ「六竜討伐戦HL」の情報をまとめています。

六龍討伐戦HLの基本情報

周回の目的

このマルチバトル限定でドロップする武器(アンセスタルシリーズ)があり、どれも使い道がありそうな性能です。

また、 新たなリミットボーナスを獲得する為に必要な「耳飾り」シリーズがドロップします。

当初、フルオートでの討伐は難しいコンテンツでしたが、2021年3月に実装されたオートガード機能のおかげで、フルオートでの攻略が現実的になってきました。(※ソロ版六龍討伐戦の記事は以下)

6dragon-eyecatch

六竜討伐戦

連戦か?自発か?

当初運営から「ソロ版がクリアできない層が気軽に参加できるようなコンテンツ」と案内されていましたが、難易度緩和やエリクシール使用の一部解禁といったアップデートを経た今でも、野良に流して簡単に討伐してもらえるコンテンツではありません。

エリクシールの利用が解禁
実装当時はエリクシールの使用自体出来なかったが、後日のアップデートで自発者と同じ団に所属するプレイヤーのエリクシール使用が解禁された。(各人1回限定)

このコンテンツにおいても自発赤箱が大正義で、青箱からも武器ドロップがそれなりに報告されています。ここで問題になるのが、順位赤箱に入っているものもそれなりに美味い。まとめると以下

  1. とりあえず自発は全部処理したい
  2. 青箱は取っておきたい
  3. 取れそうなら順位赤箱も狙うべき

具体案

このコンテンツ自体は研究がかなり進んでおり、いわゆる”セットプレイ”と呼ばれる討伐方法が存在します。先述の通りこのコンテンツを効率よくこなすという意味では、連戦部屋に入る方が優位だと考えています。

それでも連戦部屋に入るのが苦手という人は、編成ハードルが高く時間がかかるものの、救援を出しながらフルオートする野良自発用の編成を用意した方が良いです。18人マルチになってそこそこ救援に入ってきてくれるようになりましたが、野良に流す時はできる限り自力で走破できるようにしておいた方が良いですね。

セットプレイの情報は豊富に流れているので、ここから先は野良自発を想定した攻略情報を記載していきます。

ウィルナスHLの攻略

オートガード機能によって、ほとんどの特殊技を受ける事ができます。ただしダメージが大きい技が多い為、幻影を利用すると切り抜けやすくなります。

編成

杖得意の氷結パーティです。オートガード実装前の名残で剛耐の型が残っていますが、このスロットは岩崩拳でも良さそうですね。

武器は幻影効果を期待してメインにブルースフィアを持ちます。ダメージ量が大きい敵なので、堅守武器・扇抜を2本採用しています。私は未所持なのでメイン石が鰹ですが、ヴァルナ×ヴァルナの方がより安定します。その場合は扇抜を1本抜いて支配の天秤聖域の錫杖の2本目と入れ替えても良さそうですね。

デモプレイ

ワムデュスHLの攻略

編成

リヴァイアサン・マリスを倒した時のキャラ構成を採用しています。そこそこの頻度で厄介なデバフをばら撒いてくるので、ディアンサが続投です。

こちらも攻撃が激しいため、堅守武器を2本入れた編成にしています。

デモプレイ

ガレオンHLの攻略

ガレオンは元々、特殊技を順番にガードして攻略できるボスなので、オートガードができるようになった事でそこまで工夫せずにクリアできました。(攻撃は激しいので多少HPを盛れば良いくらい)

編成

先日UPしたマスカレードの記事では水着アニラを入れていましたが、回復とマウントを持っているティアマトを入れた方が安定感もあってより良いと思います。

やばいですね!マスカレード

グリームニル杖を1本増やしてHPを多めにして、ティアマトを採用したので天司武器をアウトしてます。

デモプレイ

イーウィヤHLの攻略

編成

ティアマト・マリスを倒した時のキャラ構成を採用しています。運次第でメインキャラが即死してしまうので、サブの1人目にはアタッカーを置いておいた方が良いです。

メイン武器はドラゴニックウェポンで、かなり攻撃が激しいので守護と背水を意識して編成しました。

デモプレイ


色々と調べてますが、ル・オーとフェディエルはまだ未達成です。達成できたら更新いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

あじわい
うっかりRank225になっていた中堅騎空士。忙しい仕事や学業の合間に効率よく強くなりたい騎空士向けの、「時短」Tipsをご紹介していくアカウントです!フォローはお気軽にどうぞ