STAY MOON

各属性のフルオート編成はこちら

周年イベントが開始となりました。前回の話がゾワっとする終わり方だったので、今回はどんな怖い話になるのかと思ったら、思いのほかスポコンでしたね。

(2021/3/4 追記) 第2部のデモプレイを追加しました。※編成は第1部の時と同じです

(2021/3/12 追記) 第3部の編成を追加しました。

(2021/3/17 追記) 第4部の編成を追加しました。

戦貨ガチャ型イベントの進め方

戦貨ガチャ型イベントについては、ひたすら箱を掘って宝晶石がラインナップされている20箱まで掘るのが一応のゴールとなります。本ブログではHLを周回するメリットについて、下記の記事でご紹介しております。

一言でまとめると、時間がかかるけど半汁の節約になる

イベクエHLをフルオートで

HL向けフルオート編成(第1部・第2部)

装備

シュヴァ剣をならべたコスモス剣編成です。フレンドはルシフェルを選択します。主人公のジョブはアプサラスで、メイン武器はアストラルウェポンを持ちます。黄龍槍でもOK(その場合はシュヴァ剣を1本抜く)。

アビリティは、アプサラスの定番である霹靂閃電水鳥の歌詠にミストをセット。

キャラクター

ジャンヌダルク(リミテッド)

TA時に追撃が発動するサポアビがアプサラスと相性が良く、奥義後の全体確定TAと3アビの大バフも絡んで高速討伐に寄与します。

ガウェイン

強力な自己バフで一気にダメージを与える純アタッカー。槍得意に絡む短期戦では無類の強さですね。

メリッサベル(バレンタイン)

槍得意ではないですが、頻繁に自動で発動するアビダメが討伐速度に貢献してくれます。もちろんやる得意キャラを編成してもOK(ジュリエットや水着ノイシュなど)。

デモプレイ

3/4に追加された第2部のHLも、全く同じ編成でフルオート討伐可能でした。

HL向け編成(第3部)

第3部で追加されたHLボスは光属性でHPも1億程という事もあって、レスラー編成で高速に討伐できました。配布キャラ中心のフルオート編成も作ってみたので、レスラー編成を作る事が戦力的に厳しい場合は、併せてそちらをチェックしてみてください。

レスラー2ターン討伐

神石渾身とマグナ背水の2パターンを用意しました。※神石の方がちょっとだけポチ数が少ない

神石渾身

リミ武器多めの渾身編成。後述の背水は、編成ハードルも低めなのでそっちで良いかも?

主人公のアビリティはツープラのみ
渾身だからなのか、プレデターよりシスの方が安定しました
デモプレイ

マグナ背水

水着ゾーイを持っている前提なので、リボンの採用は無凸だし許されるはず。

水ゾとプレデターは裏切らない
デモプレイ

フルオート(配布キャラ中心 ver.)

メイン武器は、完成しているならゼカリヤの方が安定感があります。その場合は、セレ爪を1本抜くと良いかなと。

アビリティは、そこそこ余裕があるので大伐断を採用していますが、ダメージがキツイようであれば、アローレインやグラビティを採用すると良いかなと。

キャラクターは配布キャラから選んでいるので説明は割愛しますが、シスのスロットは火力キャラであれば概ね交代可能なはず。

デモプレイ

proud向け編成(第3部)

proudは季節キャラ満載の編成で雑にフルオートで初見クリアしましたが、あまりHPも減らなかったので、片面ハデスでも行けるかなぁと試して作ってみました。

装備

メイン武器にゼカリヤを持って、マジェスタス2本を並べたバハ×ハデスで、防御面に寄せた編成にしています。

アビリティは、シンプルにミストとグラビティと落葉焚きです。

キャラクター

シスはただ強い、で終わってしまうので詳細は省きますが、ラブライブコラボキャラはディスペル持ちでかなり優秀なので代役となるキャラは数えるほどかなと。

オリヴィエ

1アビの恐怖と2アビのスロウで敵の特殊技のサイクルを大きく阻害してくれる点がとても偉い。黒騎士やターニャなども使いやすそうですね。

デモプレイ

HL向け編成(第4部)

第4部に登場したHLボスは3部と同様に光属性で、HPは少し増えて1億1000万くらいなので、レスラー編成だとちょっとだけハードルが高い印象です。イベントも終盤という事で、配布キャラ中心のフルオート編成のみ掲載しています(イベントさえクリアすれば条件無しで取得できるので、早速レリック・バスターを使ってみました)。

装備

メイン武器は、奥義バフも優秀なケルベロス・オーダーを採用しています。リミテッド武器を用意できるならブルトガングの奥義効果がかなり優秀です。

アビリティは、マウント効果を持つタクティカル・シールドに基本的な弱体2つ(グラビティ、ミゼラブルミスト)です。マシンセルを使うアビリティを入れても良いですが、通常攻撃の火力がUPする効果も十分に強く無駄にならないので、今回は不採用です。

キャラクター

キャラクターは配布キャラから選んでいるので説明は割愛します。

デモプレイ

proud向け編成(第4部)

第4部のproudは、フルオート殺しのギミックがあったので、早めに諦めて手動攻略にしました。

装備

主人公のジョブはセージにして、メイン武器には黄龍槍を持ちます。HPを回復する手段を厚めに採ったので、武器編成の方は火力重視にしています。

アビリティは、相手のバフを確実に消すためにディスペル2本刺しにして、残り1枠はベール。

キャラクター

フュンフ

手動攻略であれば最強のフュンフでございます。基本に忠実な回復手段と奥義のディスペルで万全なサポートを提供してくれます。

ノア

イオの奥義ゲージブースト役であり、ディスペルも1枚用意できるだけでも強いのに、奥義効果もまた強い。さすがはリミテッドキャラでございます。

イオ

ディフェンシブな編成におけるワントップ。4アビを上手に管理してひたすら1アビで削っていきます。本人も回復手段を持っているので安定感がありますね。

デモプレイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

あじわい
うっかりRank225になっていた中堅騎空士。忙しい仕事や学業の合間に効率よく強くなりたい騎空士向けの、「時短」Tipsをご紹介していくアカウントです!フォローはお気軽にどうぞ