Q:闇ハルマルは人権か?

各属性のフルオート編成はこちら

質問をお寄せいただいたので、自分の考えをまとめる為に記事化しておきます。

現在開催中のグランデフェスにて、ハールート・マールート(リミテッド)が実装されました。今回の質問はこのキャラの評価を問うものです。


質問は標題の通りで、先に結論だけ書いておくと。

 闇ハルマルは人権か?

(古戦場に限定するなら)人権ではないと思う

という立場で以降は展開していきます。

ちなみに、キャラも武器も選択肢が多いに越した事はないので、あなたが石油王で湯水のごとく課金できるのであれば、こんな記事を読む必要はありません。そりゃ持ってる方が強いに決まってる。という念のための毒消し

前提条件

こういうシンプルな質問への回答を考える場合、前提条件を先に考えておくと事故が少なくて済みます。

特にグラブルというゲームに関して言えば、武器一つの評価を考えるにしても、採用を想定する戦闘が、肉集めの超短期からスパバハのような高難易度まで多岐に渡る事から、”使う”結論は簡単に出せても、”使わない”結論を出す事(しかも将来性にまで言及しようとすると)は、ほぼ不可能だと思っています。

というわけで、全方位的に考察を書くとキリが無いので、今回は以下の前提で考えてみました。これでも足りないかもしれないので、ツッコミは適宜お寄せください。

前提条件
  • 「人権」=今回のフェスで引きにいく位の価値があるか?と置き換える
  • 利用シーンを直近の古戦場(4月開催)に絞る
    • 武器やキャラの賞味期限には言及しない

キャラ

まずはキャラクターの基礎情報をチェックしましょう。

うーん、かわいい。という感想は一旦置いておくとして、闇は種族を参照する事が少ないので、得意武器「短剣」が気になるくらいです。

奥義の追加効果はリンクアビリティが即時使用可能になって両方発動するというもの(シンダラと同じですね)。リンクアビリティの効果によって価値が変動するので、アビリティの方を見てみましょう。

リンクアビリティは使用間隔が4ターンで、回復不可の累積デバフです。フルオートでは本来1アビしか使えませんが、奥義効果によって2アビも定期的に付与されます。弱体耐性DOWNと特殊技DOWNは希少性が高いデバフですが、全体的に効果はシンプルですね。

3アビは最大5つのディスペルという尖った内容で使用間隔は10ターンと重めです。フルオートではタイミングを合わせる事が難しいディスペル系は使用間隔が短いほど優れていますので、これだけ見ると弱そうなので、後述のサポートアビリティと併せて考える必要があります。

敵のバフが多いほど力を発揮する逆転に向いたサポアビ構成で、5個以上バフが乗っているとターン終了時に5枚剥がしてくれます。

しかし、冷静に考えるとバフが5個以上という条件はかなりのレアケースです。Hell150以上のBOSSで恒例になりつつある、50%トリガー技で大量に付与されるバフが真っ先に思いつきますが、逆に言えばそれ以外の用途が思い当たらないので、特殊技の度に使用可能なカシウスや、回避時に自動発動するビカラと比較すると、役割が限定され過ぎており取得優先度を引き上げる要因にはならない印象です。

武器

次は武器の評価です。

武器種”短剣”は明確なデメリットですね(なんもかんもリッチ斧が悪い)。

奥義効果は累積デバフをランダムに付与するもので、メインに装備する短剣という話だと比較対象がかなり強い事から、評価は低めです。

  • パラゾニウム:連撃UP+追撃効果付与
  • ブラッディスカー:スロウ
  • アビュドス:20%ダメカ+HP回復

第1スキルは同じ武器種4本装備で条件をクリアする強力なバフ効果で、火のリミパーシヴァル剣と同じです。第2スキルも無駄にならない神威という事から、既に実績も証明されている文句なく強い武器です。

火の環境でも証明されている通り、単純な武器性能だけ見れば3本採用まで保証されており、ダメージ上限を大幅にあげる唯一性も相まって、複数本の取得を目指すのであれば、ピックアップされている今回が回し時である事は間違いないです。

闇属性の環境

ただし、事が古戦場に限定されるのであれば、闇にはシスというぶっ壊れの配布キャラが配置されている関係上、武器編成への投資はオーバーキル感が否めません。

また、ドロップ武器がいちいち強力という特徴も大きいです

  • ダメージ上限:麒麟弓、アゴナイズ、ビスマルク、デス短剣
  • 奥義火力:アビススパイン(アバター杖)、フェディエル・スパイン
  • 堅守:マジェスタス

前回古戦場の肉集めにおいても、リミ武器に関するハードルは低かったですね。

(私見ではありますが)古戦場で8万位ボーダーを狙う上で、Hell200のフルオートを10分前後で周回するラインの編成準備は大事ですが、(極端なクソボスが出ない限りは)ドロップ武器中心の編成でも難しくないだろうという感触です。この冬に追加されると告知があった、(恐らく)闇属性の高難易度マルチでドロップする武器も明らかになっていないので、まだ伸びしろがあります。

まとめ

というわけでダラダラと書きましたが、古戦場への貢献度で言えば、シス限界超越の方が断然大きいですが、なにぶん途方も無い時間を要求されます。ドロップ武器でカバーしようにも、これまたなかなか落ちない事から、そこを闇ハルマル武器でショートカットするのは、ソーシャルゲームというシステムにおける正当な手段です。

今回の言いたい事

時間を金で買うなら今でしょ!

おあとがよろしいようで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
あじわい
なんとかRank325に到達した中堅騎空士。忙しい仕事や学業の合間に効率よく強くなりたい騎空士向けの、「時短」Tipsをご紹介していくアカウントです!フォローはお気軽にどうぞ