エニアドシリーズをフルオートで

各属性のフルオート編成はこちら

2021年12月から順次追加されているV2マルチ「エニアドシリーズ」の情報をまとめています。

エニアドシリーズの基本情報

周回の目的

このマルチバトル限定でドロップする武器は、『攻撃』『防御』『特殊』タイプのように特化強化する新システムの対象となっています(2022年3月実装予定)。

武器自体は使い道がありそうなものの、副産物があまり美味しくない点が大きなデメリットで、いまのところ救援の参戦率は低めな印象ですね。

連戦か?自発か?

基本的に自発箱からのドロップ率が高い事に変わりは無い事から、(トリガーアイテムも重くないので)フルオートで倒しきる戦力がある場合は自発でコツコツ集めれば良いかなぁと。

エニアドシリーズの武器は有用なものが多い為、実装直後のTwitter救援は競争率が高いので、急いで集める場合は連戦部屋に入って集めた方が青箱率が安定するのでオススメ。急ぐ理由が無ければ当面は自発だけこなして、少し落ち着いてから(集め終わった人がドンドン抜けていくので)Twitter救援を駆使して収集しても良いと思います。

ラーHLの攻略

ダメージアビリティ(赤アイコン)を使うと、ランダムにバフを2つ追加するという特殊仕様がかなり厄介なので、キャラを選ぶ時に気を遣う必要があります。ちなみに、特殊技等に反応して自動的にダメージアビリティが発動する場合は、バフ追加の対象にはならないようです。

ソロフルオート

編成

※最初にアンスリアの2アビをポチる前提です。

水着メデューサは2アビがダメアビですが、自動発動のディスペルでバフを剥がしてくれる分で問題なく元が取れます。ミランダの枠を火力キャラにしても良いのですが、火力キャラはすべからくダメアビを持っているという悲しい現実があるので、武器側を火力に寄せて、キャラを受け身にする感じでバランスを取っています。

イクサバが2本とすごく中途半端ですが、今回は確定クリティカルと一応堅守もつくドスを優先してみました。

デモプレイ

テフヌトHLの攻略

目立った大技は無いものの、道中の火力がソコソコ高いので、防御的な編成を使いたくなるボス。特殊技を出来るだけ打たれたくないので、定期的にスロウをばら撒けるキャラを優先して採用したいところ。

ソロフルオート

編成

最初は古戦場で使ったヴァイキングでチャレンジしてみましたが、やはり予兆をある程度解除した方が速度も出るので剣豪にしました。オクトー、サテュロスの剣豪セットに、スロウを高頻度でばら撒くガレヲンを採用しました。

武器編成はヴァイキングで使っていたハイランダーを流用。終末のスキルは渾身で、英傑の方が多分良いけど付替えが面倒くさい。。。

デモプレイ

アトゥムHLの攻略

ダメージ無効が面倒だったベンヌに比べると、シンプルにダメージが痛いだけなアトゥムの方が多少与しやすい印象ですね。

ソロフルオート

編成

奥義4回の予兆を解除する為に、奥義ゲージが溜まりやすい剣豪編成が安定で、弱体5回の予兆解除に奥義効果でスロウも打てるカトルを採用しています。ポセイドンはヒット数を稼げる上に、後半の奥義ゲージ供給にも貢献します。

とりあえず両面ヴァルナの奥義火力を意識した編成で、終末の第三スキルは英傑です。

デモプレイ

ベンヌHLの攻略

色々試行錯誤してみたものの、特殊技がかなり痛いのでオートガードOFFは無理でした。予兆解除は奥義軸とアビダメ軸の2方面あるので、キャラはそれを意識して選びましょう。

ソロフルオート

編成

予兆解除の両面に効くシエテが特攻で、毎ターンアビダメを打てるグリームニル(バレンタイン)もかなり強いです。ただ、オートガードONであればキャラのハードルは下がる印象です。シャトラも両面で効くのでかなり強かったです。

オートガードOFFを検討していた名残りでグリム杖が4本入っています。杖4本は結構ハードルが高いので、普通に守護武器でHPを盛るのも選択肢です。

デモプレイ

ホルスHLの攻略

予兆解除は奥義関連が占めているので、チェインが発生しやすい剣豪かライジングフォース辺りが倒しやすいです。終盤から一気に火力があがるので、シスなどの高い火力で押し切るか、防御力を上げると良いです。

ソロセミオート

編成

キャラ編成はいくつか試してみましたが、フェディエル3アビを押す、いわゆるセミオート編成が一番簡単だと思います。優先度で言うとリッチよりフェディエルの方が上(防御UPと奥義2回発動がホルスに噛み合う)。

両面マグナで奥義火力に寄せています。フェディエルもシスも入れないパターンだと、ハデスにしてマジェスタスを2本くらい入れる感じになるのですが、ちょっと時間がかかる為あまりお薦めできない。

デモプレイ

連戦向け

ホルス武器は、有用な上に必要本数も多い事から、古戦場までなど期限を切って集める必要がある場合は15~20くらいの連戦部屋に入った方が良いと思います。そこで、いま使っている連戦部屋向けの編成も併せて掲載しておきます。

編成

武器はドロップ武器だけの構成

フェディエル3アビと、デュアルアーツ&アーセガルの合計3ポチで6チェインします。(フレ石は黄龍)青箱ラインの5000万付近のダメージが出せています。

ATの時はフレ石もマグナやバハにして、アーセガルを省略できます。

デモプレイ

おまけ:アゴナイズを入れないパターン

アゴナイズを揃えるハードルが高いので、以下のようなパターンも考えてみました。シスの反撃ダメージは少なくなりますが、奥義ダメージが少し伸びるので十分青箱は狙えます。

オシリスHLの攻略

そこそこ厄介なデバフを掛けてくる点と、終盤に火力が大きく伸びる点を考慮すればOK。

編成

色々試してみましたが、最初に試した受け性能が高めなイオ砲編成に戻ってきました。大ダメージを貰うのでガイゼンボーガはあった方が良いです。

また、ターンの巡り合わせではありますが、フルチェインで予兆解除できると与ダメがあがるので、奥義ゲージが上昇しやすくなるアビリティは優先度が高いです(今回だとクリスマスリリィ)。

両面マグナでアポロン弓を2本入れて終盤の火力も意識しています。オーディン琴で堅守も入れていますが、一応無くても走り切れます(※安定感は落ちます)。

デモプレイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
あじわい
なんとかRank325に到達した中堅騎空士。忙しい仕事や学業の合間に効率よく強くなりたい騎空士向けの、「時短」Tipsをご紹介していくアカウントです!フォローはお気軽にどうぞ